ゴルフのフォームから考える腰痛対策

You are currently viewing ゴルフのフォームから考える腰痛対策

ゴルフが原因によって起きる腰痛は、スイングのフォームに問題がある場合が多く、

自分自身では気がつけないことがほとんどです。

正しいフォームと悪いフォームについて解説をしていきます。

1、腰痛が起きるスイングフォーム

ゴルフで起きる腰痛の多くはスイングの際に、

”腰の反り”と”腰の捻れ”です。

腰の反りというのは多くの場合バックスイングやフィニッシュなどの、

クラブが高い位置にある時に胸よりも腰の柔軟性が高い時に発生します。

腹筋が弱かったり、普段から猫背が強い人は腰が反りやすいです。

腰の捻れも腰の反りと似たような原因があり、

胸の柔軟性が低いと脊椎の中の腰椎だけを強くひねってしまうことになり、

捻れが発生します。

特にゴルフのような左右差の大きいスポーツはフォームを間違えたまま長年続けていくと、

腰の筋肉や下肢の筋肉は差が生まれ、改善するのが大変になっていきます。

ゴルフのスイングフォームにおける腰痛

2、腰痛が出ずらくなるための習慣

ゴルフに限ったことではありませんが、

背骨が頭からお尻まである中で、”胸の部分が硬く、腰が柔らかい”ことによって腰痛は出やすくなります。

そのため、日常的な姿勢を正しくすることが非常に重要で、

猫背や反り腰といった姿勢を長期間続けていると、

いざゴルフをした時に腰痛になりやすくなってしまいます。

そのためゴルフでの腰痛予防はスイングフォームと日常生活での姿勢を連動して考える必要があります。

立っている時の膝の過伸展
友だち追加

姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院 新中野駅前院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/

頭痛でお悩みの方はコチラ「頭痛への施術」

腰痛でお悩みお方はコチラ「腰痛への施術」

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院