施術について

根本原因を探り、原因から施術します

膝への筋膜リリース2

私達は運動機能症候群の考えを施術の基盤としています。

運動機能症候群を改善するために手技による筋膜リリースと運動療法を行います。

痛みに対する考え方

当院は、痛みを施術しません。なぜなら、痛みに対する施術は対症療法となり、一時的な効果しか期待できないからです。

例えば、腰痛や肩こりの人が腰をマッサージしても良くならない。頭痛の人が首周りをストレッチしてもらっても次の日には症状は元に戻っているものです。

なぜなら、痛みやコリは結果であって、原因となる筋肉や関節へのストレスがなくなっていないから、腰痛や肩こり・頭痛という症状は変わらないのです。

痛みは外的ストレスにより生じる

痛みは外的ストレスにより生じています。スポーツのケガ(急な痛み)などの場合と原因が明確でない痛み(慢性的な痛み)の場合では、施術に対する考えを少し変えなくてはいけません。

1.スポーツのケガ(急な痛み)

スポーツのケガ(急な痛み)では、組織損傷を施術します。外的ストレスは繰り返されないので、結果として痛みは消失します。

一時的な強い外的ストレス → 組織損傷 → 痛み

スポーツのケガ(急な痛み)の発症メカニズム

2.原因が明確でない痛み(慢性的な痛み)

原因が明確でない痛み(慢性的な痛み)では、繰り返す外的ストレスが組織損傷を引き起こすので、そのストレスを取り除くと組織は回復します。

繰り返す弱い外的ストレス → 組織損傷 → 痛み

原因が明確でない痛み(慢性的な痛み)の発症メカニズム

患者様にとって痛みを止めることが最も重要なことのように感じると思いますが、根本原因から施術を進めると痛みは必ず軽減します

最も重要なことは、外的ストレスをなくして組織回復を促すことなのです。

前屈を行う運動療法

施術の特徴

原因を姿勢・動作から考える

姿勢・動作による外的ストレスは、弱く目立ったストレスではないですが、24時間365日繰り返しストレスを与えます。

大部分の人はこのストレスに気がついておらず、自覚がないまま過ごしています。

長期の継続するストレスは、想像以上に関節を痛めつけます。自覚がないので、施術も遅れがちになり、大きく悪化してから発見されることがあります。

このように小さなストレスが関節に与える力は、私たちのような専門家が客観的に検査し、指摘しないと生涯に渡りストレスが継続することとなります。

骨模型と運動療法を行なっている院内風景2

運動療法と筋膜リリースで姿勢・動作を改善させる

姿勢・動作を改善させるために筋膜リリースで関節の動きを正常化し、運動療法で理想的な姿勢・動作を身につけてもらいます。

参照:「筋膜リリースとは」「運動療法とは

座位での肩関節挙上運動

のべ101,520人の患者様を23,286時間かけて診てきた経験と7,356時間の勉強から、筋膜リリースと運動療法の組み合わせが最も姿勢・動作を改善するために効果的であると考えています。(数字は2017/4/1時点)

スポーツのケガも姿勢・動作から再発予防

一般的に、スポーツのケガであれば原因となっているストレスは繰り返されないので、固定して組織回復を待てば痛みも良くなると考えられています。

しかし私たちは、姿勢・動作から痛みを考える専門家として、姿勢・動作によって”ケガをしやすくなっている”事実を考える必要があると考えます。

姿勢・動作不良によって下半身が不安定であるとケガが多くなります。例として、股関節が不安定な脚は足首の捻挫が起きやすくなっています。

さらに、ケガ前の関節の状態が悪いと、同じ関節へのストレスでも大きな損傷となります。例えば、前方へズレている肩の関節で転びそうになる時に軽く手をつくと、正常な関節では痛みの出ないストレスでも大きな痛みとなります。

参照:「スポーツの痛み

運動療法でスクワット

お悩みの方は、ご来院頂き、検査・カウンセリングをさせていただければ、より具体的にご納得のいく施術方法をご提案できると思います。まずは、ご予約をお取りください。