検査について

原因を明確にするために、当院では全員に検査を行っています。

検査について

1.姿勢分析 参照:料金ページ

骨・筋肉・関節の痛みの多くは、姿勢・動作が原因で生じていると考えています。そのため、全員に姿勢分析を行なっております。

姿勢分析は立っている姿勢を写真にて分析し、カウンセリング時の判断材料とさせて頂きます。

姿勢分析2

「姿勢分析の流れ」

①着替え

できる限り姿勢がわかるように、半袖半ズボンに着替えてもらいます。

※半袖半ズボンは当院でお貸しします。

②マーカーをつける

洋服の上からでも骨の位置がわかるようにマーカー(目印)をつけます。

③撮影

前と横方向から各1枚の撮影をします。

④カウンセリング

写真に分析線などを引いた姿勢分析用紙を見ながら、お身体の状態を説明します。

《姿勢分析の適応例》

姿勢をみることで関節にどのようなストレスがかかっているかが分かります。そのため、すべての患者様に姿勢分析を行います。

ケガでは炎症消退後に姿勢分析を行い、ケガ予防のために姿勢・動作改善を提案しています。

  • (寝違え、偏頭痛など)
  • (四十肩、肩こり、野球肩、インピンジメント症候群など)
  • (テニス肘、野球肘など)
  • 手首、指(突然の手首の痛み、手掌の痛みなど)
  • 背中、腰(ぎっくり腰、肩甲骨周りの痛み、足への神経症状など)
  • 股関節(鼠径部痛、梨状筋症候群による坐骨神経痛、変形による股関節周辺の痛みなど)
  • 太もも(肉離れなど)
  • (変形による関節痛、半月板損傷、靭帯損傷など)
  • ふくらはぎ(肉離れ、シンスプリントなど)
  • 足首(足関節捻挫、疲労骨折、扁平足など)
  • (足趾の変形、外反母趾、モートン病など)

姿勢分析は、客観的に姿勢を分析できるとても良い検査です。当院は姿勢分析を中心に検査を進めていきます。

2.歩行分析 参照:料金ページ

下半身の痛み(股関節の痛み、膝関節、足首・足の痛みなど)では、歩行に異常がみられる可能性が高いので、こちらで判断し、必要な患者様のみ歩行を動画で撮らせて頂き、歩行分析をします。

当院で必要であれば、スロー再生にて原因の詳細を分析できるなど、施術を進める際の判断材料となります。また数カ月後の状態と比較できます。

《歩行分析の適応例》

  • 股関節の痛み(鼠径部、殿部:梨状筋による神経症状)
  • 太ももの痛み(大腿部:ハムストリングスの使いすぎ、大腿四頭筋の筋力低下)
  • 膝の痛み(膝関節:変形による関節ストレス、腱へのストレス)
  • ふくらはぎ・すねの痛み(下腿部:歩行異常による骨へのストレス)
  • 足首の痛み(足関節:くるぶし周辺へのストレス)
  • 足の甲の痛み(足背部、足底部:歩行による筋肉へのストレス、アーチの低下、扁平足)
  • 足の親指の痛み(母指などの足趾:母趾の外反、中指の足裏にタコ)

歩行分析後に、あなたの歩き方の良くない点を明確にします。その結果を踏まえ正しい歩き方を運動療法にて改善します。

特に分析用紙などの作成はしておりませんので、料金はカウンセリング料に含めます。

3.フォーム分析 参照:料金ページ

投球フォームや階段動作など特別な動作にて痛みを生じている方を対象に、必要な患者様のみ動画を撮らせて頂き、フォームの分析をします。

スロー再生により肉眼では判断できないフォームの問題点を見つけることができます。

《フォーム分析の適応例》

    • ランニング:走るときの股関節・膝・足の痛み
    • 野球:投球での肩・肘・手首の痛み
    • テニス:フォアハンドやバックハンドでの肘や手首の痛み、サーブでの肩の痛み
    • ゴルフ:非対称なスイングによる背部痛・腰痛、肩の可動域が低いまま行っているスイングの改善
    • サッカー:シュート時の股関節痛・膝痛
    • 卓球:フォアでの肩の痛み、腰痛

人体は解剖学的に共通の構造であり、個人差は少ないです。とすると、人体という1つの構造にとって最も効率の良い身体の使い方があります。それはどのようなスポーツでも、同じです。

ですので、スポーツによりフォームの根本が違うなどはありません。実は、各スポーツでの身体の使い方は、驚くほど共通のものがあり、当院はその”正しいフォーム”との違いを見つけ出し、施術するためすべてのスポーツが指導できます。

参照:「スポーツの痛み」ページ

コーチとは異なり、感覚的にフォームを捉えるのではなく、解剖学の観点からフォームを考え、痛みのない最も効率の良いフォームを目指していきます。

フォーム分析も分析用紙などの作成はしておりませんので、料金はカウンセリング料に含めます。

ご不明な点や疑問がありましたら、よくあるご質問(FAQ)もご参照下さい。
交通事故施術Q&Aは別にページに記載しております。

何かご不明な点がございましたら、当院までお問い合わせ下さい。