交通事故

筋膜リースと運動療法で原因から治します!

詳細は「大木接骨院監修 新中野交通事故治療サポートセンター」をご覧ください。

むち打ちで悩んでいる方はご相談下さい。当院は筋膜リリースと運動療法で、後遺症とならないことを目指します。

交通事故治療の治療方針

交通事故治療でも姿勢・動作が重要です。交通事故による急性期の痛み・炎症が治まったら、姿勢・動作の治療を行うことが重要です。

痛みにより人は今までのような姿勢・動作が行えなくなります。かばって歩いたり、痛くないように首を傾けたりします。大多数のむち打ち患者様は、交通事故後により悪化した姿勢・動作となります。

1.交通事故は瞬間的に強い関節ストレスがかかる

交通事故は遅い速度でも、人体にとってはとても強い力が加わります。

2.関節ストレスがかかるかは姿勢・動作に影響される

関節の状態が外的なストレスによってどの程度損傷するかを決めます。関節がズレていたり、関節可動域が狭いまま交通事故のストレスが加わると、正常の関節では起こらない損傷が生じたり、損傷の程度が大きくなります。

3.姿勢・動作の悪い人が交通事故にあっている

人は年齢とともに姿勢・動作が悪くなっていきます。一部の人はスポーツなどにより姿勢・動作の悪化を防いでいるかもしれません。しかし、多くの人は繰り返す前かがみ作業やデスクワークなどの日常生活動作により姿勢・動作は悪化します。

大木接骨院では、この姿勢・動作改善を通じて、他院では長期間残存させてしまうような事故後の痛みを治療していきます。

自動車での交通事故

自動車の事故は想像以上に大きい衝撃が加わります。事故後数日経って症状が出てくることも多々あります。1週間以内に整形外科へかかり、痛い箇所の診断名をもらうことが重要です。

  • ムチ打ち(首の痛み、めまい、しびれ)
  • ハンドルを握っていたまま衝突される(肩の痛み、手首の痛み、肩が挙がらない)
  • 衝突の衝撃をこらえる(背中の痛み)

自転車での交通事故

ロードバイクを乗る人が増え、スピードを上げた自転車が車道を走ることが多くなったため、自転車での事故は増えています。大木接骨院でも自転車での交通事故患者様が多くなっています。

  • 首を捻った(首の痛み、めまい、しびれ)
  • 手をついた(肩の痛み、手首の痛み、肩が挙がらない、手首の捻挫)
  • 地面にぶつけた(突き指)
  • 転ぶときに腰を捻った(腰痛)
  • 踏ん張ったら股関節が痛い(股関節の痛み)
  • 転ぶときに膝が折れ曲がるように倒れた(膝の痛み)
  • 転ぶときに捻った足首(足首の痛み)

当院院長は整形外科に6年勤務しており多数の痛みに対応できます。

交通事故の例

例として以下のような患者様が治療しています。

  • 住宅街の交差点で自転車が飛び出してきてぶつかって転倒した
  • 路肩で停車中に後方より追突される
  • 横断歩道を歩いていたら信号無視したロードバイクとぶつかる
  • 原動機付き自動二輪で走行中に、急に停車中の自動車のドアが開きドアにぶつかる

 

このような事故では、自分の痛みだけではなく今後どうなるのかなどが不安になります。たくさんのケースを知っている私たちなら、あなたのサポートがきっとできます。

多くの人が交通事故治療は初めてです。知らないことが多く不安だと思います。ぜひ私たちにご相談下さい。まずは痛みを治すことですが、やるべきこともいくつかあります。保険会社様と大木接骨院であなたをバックアップしていきます。

大木接骨院では数多くの患者様を担当してきた経験があります。あなたが初めてなら、私たちがお役に立てることがきっとあるはずです。そして何よりも今あるその痛みを治療しましょう。

治療を受けるために

受診までの流れ

  1. 保険会社の担当者へ「大木接骨院で交通事故治療がしたい」と伝えてください
  2. 初めては、大木接骨院に電話してご予約をして下さい(03-3382-5730) 関連ページ「初めての方」「治療について
  3. 2回目以降はWEBからも予約できます(WEB予約) 関連ページ「WEB予約方法

わからないことはお気軽にお問い合せ下さい。お電話お待ちしております。