スタッフ紹介

治療スタッフ

大木 正浩 松田 沙代 近藤 祐次 坂田 大輔

大木 正浩(おおき まさひろ)

大木接骨院 院長 / 国家資格 柔道整復師免許
東京柔道整復専門学校 非常勤教員 / 国家資格 柔道整復師専科教員免許

大木接骨院の治療スタッフ大木

1980.07 埼玉県生まれ。父が接骨院で仕事している姿を見て育つ

2004.04 都内大学法学部を卒業後、IT企業に入社

2006.04 激務により持病が悪化し、会社を退社。

自分の弱さに絶望を感じたが、「人は弱く誰かの助けが必要」だと実感し、人の辛さに手を差し伸べることのできる治療家になると心に決め、父と同じ国家資格取得のため東京柔道整復専門学校へ入学

2007.04 埼玉県富士見市にある坂本整形外科にて勤務。

医療の基本や医師の考え方を学び、多くの骨折・脱臼などのケガを治療する。

2009.03 柔道整復師免許取得 / 専門学校を卒業

2010.02 病院併設デイサービスでリハビリを行い運動療法の必要性を強く感じる。

同時に、マッサージのみの治療の限界を感じ、自分の治療に疑問を感じ始める。

2013.01 運動療法を追求するため開業準備を開始し、整形外科を退社

2013.02 自分の目指す治療を行うために、父とは別で、大木接骨院を開業

2015.04 東京柔道整復専門学校の教員となり、運動療法の有効性と整形外科での臨床経験を講義する

≪治療経験≫

整形外科勤務以来(2007年〜)、治療経験を積んできました。

1.ケガ(骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷)の治療

レントゲンを見ながら、医師の指示の下で治療を行ってきました。

例)手・腕・肋骨・膝・足などの骨折、顎や肩の脱臼、足の捻挫

2.長期的な関節・筋肉の痛み

整形外科では長期的な痛みの患者様も数多く、進行する関節の変形や腰が原因の痺れなど様々な症状に対応してきました。
例)首・肩・腰・股関節・膝の痛みなど

≪どのような治療家を目指しますか≫

デイサービスで「筋力低下は関節の痛みを引き起こす」ことに気がつき、そこから運動療法について深く研究してきました。

実は運動療法は概念としては昔からありますが、筋トレと同じものとして筋肉を増やすことが目的となっており、治療として洗練されておりませんでした。開業しアメリカの医学書を参考に日々工夫を重ね、全く新しい治療法として作り込んできました。私たちはより多くの人の根本的問題を、運動療法で解決したいと思っています。一人でも多くの患者様に「大木接骨院に出会えて良かった」と思って頂けるよう全力を尽くします。

松田 沙代(まつだ さよ)

リーダー / 国家資格 柔道整復師免許

大木接骨院の治療スタッフ松田

1987.08 福岡県八女市に生まれる

1995.10 小2で剣道を始め、中学では稽古でケガすると接骨院に通う

2005.04 恩師の勧めにより、公務員専門学校に入学

2006.04 公務員試験に合格 日本郵政公社 (現かんぽ生命保険)に入社

2006.10 全国郵政剣道大会に県代表で出場

稽古中腰痛が悪化し接骨院に通院。通院するうちに柔道整復師という仕事が、困っている人をより近くで助けることのできる仕事であると気づく。

2008.08 人の役に立つことを肌で感じる仕事、柔道整復師になるため退社

2009.04 福岡医療専門学校へ入学。母校でのトレーナー活動も行い始める

06 少しでも多く経験を積むため、学校付属の整骨院にて研修しながら勉強を続ける。

2012.03 柔道整復師免許取得。昭和33年より3代続き3店舗展開している地域からの信頼と実績のある整骨院に入社

しかし、旧来の治療(マッサージ、ストレッチ中心)の限界を感じる。人を治せる本物の治療があるはずと信じ、様々な勉強会に自ら参加する。

2013.11 先輩より大木接骨院が募集していることを聞き、運動療法に興味を持ち転職する

≪治療経験≫

1.日常生活での筋肉・関節の痛み

日常生活に原因があることが多く、手技療法・ストレッチ・運動療法で動作や姿勢を治療することで根本的に治療を行います。(例 頸・肩・腰・股関節・膝関節の痛み)

2.スポーツ中のケガ

出身高校でのトレーナー活動を行い、スポーツ中のケガに対して応急処置を行い、ストレッチ・マッサージ・テーピングなどを行ってきました。(例:捻挫、打撲)

≪どのような治療家を目指しますか≫

免許取得後、骨盤矯正やカイロプラクティック、その他様々な勉強会に参加しましたが、どれも根本的な治療法ではなく、一時的な効果を出すものばかりでした。多くの患者様は痛みで日常生活が制限されており、話をすればするほど、「痛みをなくしたい」という気持ちが伝わってきました。どうやって治したらいいのか模索する日々でした。

そんなときに運動療法を行っている接骨院があるという話を聞き、根本的治療に繋がり、痛みで苦しむ患者様を本当に治せるのではないかと考えました。運動療法で根本治療を行う治療家を目指したいです。

近藤 祐次(こんどう ゆうじ)

アシスタント / 国家資格 柔道整復師免許

大木接骨院の治療スタッフ近藤

1985.02 東京都生まれ

2003.04 高校を卒業後、困っている人の役に立ちたいという思いが強く、幼い頃から細かい作業が得意だったため歯科技工士の専門学校に入学

2005.04 歯科技工士免許を取得後、横浜市の技工所に入社

2009.04 患者さんに接する機会が無く、技工のみを行う日々で治療をしている実感が得られず退社

2011.03 直接悩みを聞いて、困っている患者さんの力になれる柔道整復師の存在を知りその道に進む事を決意

2013.02 専門学校への入学が決まり、すぐに接骨院に携わりたかったため学校から紹介を受け、大木接骨院で研修を始める。

2013.04 東京柔道整復専門学校に入学

2016.03 柔道整復師免許取得 / 専門学校を卒業

2016.04 大木接骨院に正社員として入社

筋膜リリースと運動療法をアシスタントとして担当します。

坂田 大輔(さかた だいすけ)

アシスタント / 国家資格 柔道整復師免許

大木接骨院の治療スタッフ坂田

笑顔が素敵と言われます!

運動療法を担当します!

 

受付スタッフ

蓮見 紫苑(はすみ しおん)

患者様に治療に集中してもらうために笑顔で対応させていただきます。

ご不明な点がありましたらお気軽にご相談ください。