トップページ

メッセージ

「身体の痛みで困った時は、1番に大木接骨院を思い出して、相談してほしい。」私たちはそう考えています。

「骨・筋肉・関節の痛みなら大木接骨院!」と信頼される地域No.1でありたいと考えています。

私たちは信頼を得るために、原因に対してどうすれば良いかを明確にお答えします。専門的な立場からあなたの身体を検査し、”あなたの身体がどうすれば良いか”を提案します。

どこに行っても治らなかった痛みや痺れは当院にお任せください。私たちはあなたの身体をしっかり診ることができます。

私たちは骨・筋肉・関節のスペシャリスト

当院は、本当に”治りたい”患者様に「本当の治療」を提供する治療院を目指しています。

私たちの専門分野は、「骨・筋肉・関節」であり、私たちが治療できる範囲はケガから慢性的な関節の痛みまで診ることができます。

骨・筋肉・関節について勉強し、国家資格を取得し、骨・筋肉・関節の痛みと毎日向き合ってきました。”必ず治す”という強い想いと共に、数々の経験をしてきました。これからも専門家としての知識と技術で「本当の治療」を提供することを目指しています。

スポーツでのケガは、走り方や投球動作などのフォーム改善による再発予防まで行います。人体の解剖学的機能からフォームを指導し、根本原因から解決する方法を提案します。

患者様の声が届いてます

おかげさまで、当院では「患者様の声」として、たくさんの感謝の声を頂いています。

私たちの関われる患者様の数は多くはありませんが、1人1人に対し丁寧に治療を行いたいと考えています。

こんな痛みに悩まされていたら、すぐに当院にご相談ください。

急な痛み
急な痛み
首の寝違え
頭痛
背中の痛み
ぎっくり腰
交通事故でむちうち
慢性的な痛み
慢性的な痛み
肩こり
四十肩
手首の痛み
腰痛
膝の痛み
スポーツ外傷
スポーツ外傷
ランニングでの股関節・膝・足の痛み
ジャンプでの膝や足の痛み
投球による肩の痛み
テニスでの肘の痛み
ゴルフによる腰痛

大木接骨院のお約束

  1. 患者様のために何ができるかを最優先で考えます
  2. 本当に必要な治療のみを提案します
  3. 患者様一人一人に合った最善の治療内容を提供します
  4. 検査で原因を明確にし、カウンセリングで丁寧に伝えます
  5. 解剖学的・医学的な観点から効率的な身体の使い方を提案します
  6. 予防も含めた生涯にわたる運動機能維持のためのパートナーであり続けます
  7. 単に痛みの軽減や解消が目的ではなく、原因を取り除く治療を行ないます
  8. 現状に満足することなく、より良い治療のために改善を続けます

約束

当院の特徴

  1. 新中野駅 徒歩2分中野駅 バス3分・徒歩9分の便利なロケーション!
  2. 予約優先制だから待ち時間なし!
  3. 平日8時30分から20時まで土曜・日曜も受付
  4. 本当の治療を目指し、筋膜リリース運動療法で悩みを解消!
  5. スポーツ治療ではフォーム改善再発予防まで行います。
  6. 笑顔あふれる元気なスタッフが歓迎いたします。

運動療法を行なっている大木接骨院の院内風景

姿勢・動作を改善し、本当に意味のある治療を目指します

私たちは本当に意味のある治療を目指しています。

開設者である大木が、整形外科勤務以来のべ101,520人の患者様を診てきた経験から姿勢・動作に対する治療が大変重要であると考えます。

そのために最適な治療である、運動療法と筋膜リリースを組み合わせることによって、姿勢・動作に対して治療できるようになりました。

姿勢分析

姿勢・動作から根本原因を突き止めて、治療します

当院では根本治療を目指しており、できる限りあなたの症状の根本原因を突き止めるために全力を尽くします。

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などのケガは、超音波検査によりしっかり確認し、整形外科で勤務した経験も合わせて、丁寧に治療していきます。整形外科疾患もしっかり見分けます。何と言っても、当院はケガの痛みが治ってきて、日常生活に復帰するまでの後療法(リハビリ)の期間が得意です。固定によって生じた姿勢や動作を改善することで、再発予防まで診ることができます。

慢性疾患は、繰り返しのストレスの原因となる姿勢・動作に問題があることが多いので、患者様の姿勢・動作を検査し、原因は何かを的確に判断していきます。だから、治療においてパターン化ではなく、あなたに本当に適した治療を行うことができるのです。

原因を突き止める

身体の不調や痛みは、当院へご相談ください。

腰痛・膝の痛み、肩・首の痛み、スポーツでのケガ・骨折・脱臼・打撲・捻挫等の骨・筋肉・関節で痛みや気になる症状があればお気軽にご相談下さい。初めての患者様には、根本原因をわかりやすく丁寧にお伝えするように心がけております。

患者様とじっくりとカウンセリング(診察)を行い、納得のいく・無理のない施術(治療)・インフォームドコンセント(説明)を行っています。筋膜リリースと運動療法を用いて姿勢や動作を変えることで、治療を行います。

ご不明な点やご不安な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

治療について

根本原因を探り、原因から治療します

膝への筋膜リリース2

痛みに対する考え方

当院は、痛みを治療しません。なぜなら、痛みに対する治療は対症療法となり、一時的な効果しか期待できないからです。

痛みは外的ストレスにより生じています。ケガの場合と慢性的な痛みの場合では、治療に対する考えを少し変えなくてはいけません。

急な痛み(ケガ)では、組織損傷を治療します。外的ストレスは繰り返されないので、結果として痛みは消失します。

一時的な強い外的ストレス → 組織損傷 → 痛み

慢性的な痛みでは、繰り返す外的ストレスが組織損傷を引き起こすので、そのストレスを取り除くと組織は回復します。

繰り返す弱い外的ストレス → 組織損傷 → 痛み

患者様にとって痛みを止めることが最も重要なことのように感じると思いますが、根本原因から治療を進めると痛みは必ず軽減します

最も重要なことは、外的ストレスをなくして組織回復を促すことなのです。

前屈を行う運動療法

治療の特徴

原因を姿勢・動作から考える

姿勢・動作による外的ストレスは、弱く目立ったストレスではないですが、24時間365日繰り返しストレスを与えます。

大部分の人はこのストレスに気がついておらず、自覚がないまま過ごしています。

長期の継続するストレスは、想像以上に関節を痛めつけます。自覚がないので、治療も遅れがちになり、大きく悪化してから発見されることがあります。

このように小さなストレスが関節に与える力は、私たちのような専門家が客観的に検査し、指摘しないと生涯に渡りストレスが継続することとなります。

骨模型と運動療法を行なっている院内風景2

運動療法と筋膜リリースで姿勢・動作を改善させる

姿勢・動作を改善させるために筋膜リリースで関節の動きを正常化し、運動療法で理想的な姿勢・動作を身につけてもらいます。(参照:「筋膜リリースとは」「運動療法とは」)

のべ101,520人の患者様を23,286時間かけて診てきた経験と7,356時間の勉強から、筋膜リリースと運動療法の組み合わせが最も姿勢・動作を改善するために効果的であると考えています。(数字は2017/4/1時点)

スポーツなどのケガ治療も姿勢・動作から再発予防

一般的に、スポーツなどのケガであれば原因となっているストレスは繰り返されないので、固定して組織回復を待てば痛みも改善し治ったと考えられています。

しかし私たちは、姿勢・動作から痛みを考える専門家として、姿勢・動作によって”ケガをしやすくなっている”事実を考える必要があると考えます。

姿勢・動作不良によって下半身が不安定であるとケガが多くなります。例として、股関節が不安定な脚は足首の捻挫が起きやすくなっています。

さらに、ケガ前の関節の状態が悪いと、同じ関節へのストレスでも大きな損傷となります。例えば、前方へズレている肩の関節で転びそうになる時に軽く手をつくと、正常な関節では痛みの出ないストレスでも大きな痛みとなります。(参照:「スポーツの痛み」)

運動療法でスクワット

お悩みの方は、ご来院頂き、検査・カウンセリングをさせていただければ、より具体的にご納得のいく治療方法をご提案できると思います。まずは、ご予約をお取りください。

筋膜リリースとは

筋膜とは

人体の組織と組織の間に存在し、組織間を分ける部分を広義の筋膜と呼びます。主に筋肉の周辺にあり、筋膜とは筋肉と他の組織の間にあります。例えば、皮膚と筋肉の間も筋膜があり、皮膚と筋肉をつなぎとめ、身体がバラバラにならない役割を担っています。

筋膜はすべる

筋膜はよくすべります。例えると、スーパーでもらえる小さい透明の袋に水を少し入れてこすり合わせるとよくすべるのと似ています。筋膜は向かい合う2つの組織にそれぞれ存在し、お互いが別々の動きができるようにするためにすべります。筋膜があるおかげで、すぐ隣の組織同士が反対方向に動くことも可能なのです。

人の複雑な動きは、筋膜があるからこそできるのです。

歳とともに筋膜の働きが低下する

しかし、困ったことに長年生きているとストレスが加わり、筋膜はくっついてきます。くっつくと関節の動きが悪くなります。隣り合う組織が別々の動きができなくなるので、関節を動かすのに抵抗が強くなります。

人は最も楽な姿勢・動作を選択する

筋膜による抵抗が強くなりすべての動作に負担が増えてくると、姿勢・動作が変化します。なぜなら、「人は最も効率よく生きようとするため、最も楽な姿勢・動作を選択する」からです。

その楽な姿勢・動作は、”悪い”姿勢であることがほとんどです。人は”良い”姿勢・動作を知らないから、選択できないのです。選択するのは、最も強い筋肉に依存した、最も楽に感じる姿勢・動作だけなのです。

それは猫背に代表されるように背中を曲げて、関節に負担をかけ、痛みを生じさせるのです。それでも本人に聞くと「これが最も楽で痛みが少ない姿勢」だというのです。

楽な姿勢なのに、身体に負担をかけるのはなぜ

本人には最も楽な姿勢なのに、身体に負担をかけるのはなぜなのでしょうか。本人が楽だと感じているのは、「筋力の何%で使っているか」を意味しています。つまり、同じ重さを支えているとして、強い筋肉で10%の力で支えるのと、弱い筋肉で60%の力で支えるのだと前者を選ぶのです。

様々な要因も加わって、「楽だ」という判断基準で行う姿勢は、自分の最もよく使う強い筋肉で支える”悪い”姿勢であることが多いのです。

関節ストレスの多くは自分の筋肉による

いつも使う強い筋肉があるということは、関節を特定の方向にストレスをかけ続けます。

その筋肉自体が痛くなるし、その筋肉が関係する関節が痛みを起こします。

最も効率の良い姿勢・動作とは

最も身体に負担をかけるのは筋肉だとしたら、理想的には最小限の筋力で姿勢・動作を行うことです。”良い”姿勢・動作は、人体の構造から最も効率の良い姿勢・動作であると考えます。

筋膜リリース1

大多数の人は骨に荷重する感覚がない

最小限の筋力で姿勢・動作を行うためには、人間に備わっている重力に対抗する組織である骨を使うことが必要です。

背骨を積み木に例えると、積み木を斜めに積み上げたら倒れないように支えないといけませんが、まっすぐ積み上げると支える必要がありありません。猫背の場合は、倒れかけている背骨を筋肉が強力に支えているのです。しかし、その骨に荷重する感覚というのは、非常にわずかで大多数の人にはありません。

治すには専門家によるアドバイスが必要

以上のことをまとめると、以下の3点から痛みが生じます。

①人の身体はくっつく

②くっつくと身体の抵抗が強くなり姿勢・動作が変わる

③最も効率の良い姿勢・動作を知らない

この3点から、自分で姿勢・動作を改善しようとすることは無理であると考えます。

ぜひ「骨・筋肉・関節」のプロフェッショナルである私たちにぜひご相談ください。

運動療法とは

運動療法とは

歩き方、立ち方、前かがみ、手の上げ方などの”正しい”姿勢・動作を運動を通じて体験してもらい、間違いを修正していく治療です。

壁で上肢挙上する運動療法

効果

人は「最も動きやすい」と感じている姿勢・動作を好みます。その「最も動きやすい」動作が”悪い”動作であると、関節ストレスが日常的に生じてしまい痛みにつながります。

ですので、「最も動きやすい」と感じる身体の感覚を、運動を用いて修正していきます。最終的には、患者様が”良い”姿勢・動作を習慣化させ、関節ストレスのない状態にします。

運動療法は、自分の体験を通じて身体の感覚を修正できる点が優れています。結果として、痛みの原因となっている”悪い”姿勢・動作を改善し、関節にストレスのかからない”良い”姿勢・動作を習慣化させます。

適用

  1. 日常生活動作で骨・筋肉・関節に生じた痛み(姿勢が悪いために首・腰が痛い、筋力が不足しているため負担に耐えられないなど)
  2. スポーツの痛み、ケガの再発予防
  3. 骨折・脱臼・捻挫など、固定後に生じる姿勢・動作の悪化

運動療法でスクワット

正しい姿勢・動作を理解して、実践するのは患者様自身である

姿勢・動作を変えるために最も重要なことがあります。それは患者様が正しい姿勢・動作を理解することです。

しかし、正しい姿勢・動作を患者様に伝えるは、運動療法で一番苦労することでもあります。私たちの頭の中にある身体イメージを、そのまま患者様の頭の中に思い描かせ、身体を正しく動かさせることは、相手をしっかりと観察し、わかりやすく伝えれなければなりません。

患者様が理解しないまま”良い”姿勢・動作をすることは無理です。丁寧に説明し、実際に体験して頂き、徹底的に繰り返す。そうして初めて伝わります。

当院は開業以来5年間、どう伝えようかと試行錯誤を繰り返してきました。その結果、患者様に伝わるようになり、感謝の声をいただけるまでになったのかと思います。(参照:「患者様の声」)

四つ這いでの運動療法

日常生活を修正するための動作は、日常生活に近い動作

日常生活を修正するための動作は、日常生活に近くなくてはいけません。そうでなくては患者様に正しいイメージを伝えられません。

当院の運動療法は、ただの筋トレではありません。

膝が痛い患者様が「太ももの前を鍛えなさい」と言われても何が変わるのでしょうか。筋力がついたからといって、日常生活動作がどう変わるのでしょうか。

私たちには運動を行なっていただく意図があります。全ての運動には意味があります。それはすべて患者様に”正しい”姿勢・動作を伝えるためです。

解剖学的・医学的に最も効率の良い姿勢・動作

私たちの提案する”正しい”姿勢・動作というのは、解剖学的・医学的に最も効率の良い姿勢・動作のことです。

これは一般的に信じられている姿勢・動作とは違います。

私たちは専門家として、痛みのある患者様をのべ101,520人、23,286時間かけて診て、痛みの生じるメカニズムを検証しました。7,356時間の勉強から関節の構造を考慮した上で、最も合理的な姿勢・動作を考えました。(数字は2017/4/1時点)

理想的に”正しい”姿勢・動作は痛みを悪化させない

理想的な姿勢・動作を行うので、基本的に関節に負担をかけません。また、厚生労働省認定の国家資格である柔道整復師という骨・筋肉・関節の専門家である治療スタッフが、痛みの状態に合わせて、無理なく行えるメニューを個別に指導し行っていきますので、運動を通じて関節ストレスを減らし、組織損傷が回復する環境を整えます。

もし痛みが強く運動療法が無理と判断される場合や運動療法中に痛みが生じる場合は、炎症を抑えることを優先し、運動療法を行わない判断も行います。

運動療法3

運動療法の料金について

保険外治療となり、運動療法の料金は治療プランに含まれます。

詳細な価格は料金ページで確認してください。

どの治療プランに該当するかは、検査および問診・カウンセリングを通じて施術スタッフが決定します。

診療時間・アクセス

診療時間

平日受付20時まで! 土曜・日曜も診療します!

土日診療しているので通院しやすいです。

受付時間

※初めての方・久し振りの方は、検査がありますので、上記受付終了時間の1時間前までで受付終了となります。

平日  8:30~12:30 /15:00~20:00 (月・火・水・金)
土  8:30~12:30 /14:00~17:00
日  8:30~12:30
休診日:木曜・祝日

予約優先制なので待ち時間なし

当院は予約優先です。予約をして頂きますと少ない待ち時間でご案内ができます。

予約のない患者様も治療はできますが、予約の患者様が優先となります。大変お手数ですが、事前予約の上ご来院頂くようお願いします。

電話WEB予約から予約ができます。(参照:WEB予約方法

アクセス

新中野駅から徒歩2分で、とても便利なロケーション!
中野駅よりバスで約3分、徒歩にて約12分

地図

地図をクリックすると拡大します

バスを利用の場合

中野駅南口のバス停(1番)より京王バスに乗り、2つ目の「杉山公園」バス停を下車 すぐ目の前

※バスの行き先:「渋谷駅 幡代」行き、「新宿駅西口 6号通り」行き

詳しくは京王バス(http://www.keio-bus.com/bus/)へ

大木接骨院の外観