膝の過伸展が起きやすい瞬間

You are currently viewing 膝の過伸展が起きやすい瞬間

1,膝の過伸展とは?

2,膝の過伸展で膝が痛くなる理由

3,日常生活で起きやすい瞬間

4,スポーツシーンで起きやすい瞬間

5,正しい膝の使い方

1,膝の過伸展とは?

膝の関節は肩関節や股関節と違って関節の動く方向が決まっています。

内側と外側にも少しだけ動きますが、曲げ伸ばしがメインになっている関節です。

この伸ばす動作を”伸展”と呼び、膝を正常よりも伸ばしすぎることを”過伸展”といいます。

横から見ると膝がそっている用に見えるのが特徴です。

膝の正常時
膝の過伸展

過去のブログでも取り上げたことがありますので、ご興味ある方はそちらも一度ご覧ください。

 

2,膝の過伸展で膝が痛くなる理由

骨模型による膝の過伸展

膝は正常な状態だと大腿(太もも)と下腿(膝下)が垂直に並んでいます。

膝を伸ばしすぎると膝関節のすきまが極端に狭くなるため、”膝の前面”、”関節の中にある半月板”に負担をかけて痛みを生んでしまいます。

膝を伸ばしすぎると一見楽に立てているように感じるかもしれません。

しかし、実際には靭帯や腱などの本来体重を支える役割ではない組織に荷重してしまうため、耐えきれずに痛みを起こしていまいます。

3,日常生活で起きやすいシーン

立っている時の膝の過伸展

日常生活で膝の過伸展が起きやすいシーン

・台所などの家事での立ち姿勢

・歩いている時

・電車でつり革につかまって立っている時

基本的に膝を伸ばしすぎるクセがある人は、立っている時はほとんど膝を伸ばしすぎていることが多いです。

その中でも、長時間立ちっぱなしだったり、長距離を歩いたりする仕事や生活習慣がある人は要注意です。

膝を過伸展させている時間が長ければ長いほど、関節や靭帯に負担をかけ、痛みを作ってしまいます。

4,スポーツシーンで起きやすいシーン

スポーツ中は日常生活よりも負荷が強いため、痛みが起きやすいです。

スポーツ中の膝の過伸展は痛みのリスクだけではなく、パフォーマンス低下の原因にもなりますので、注意が必要です。

新中野の大木接骨院はテニスのケガやテニスの痛みにも対応

◆スポーツ中に過伸展しやすい動作

・ボールを蹴るときの軸足・・・サッカー、ラグビーなど

・ジャンプ時での膝の伸ばし方・・・バスケ、バレーなど

・方向転換や切り返し・・・サッカー、バスケ、テニスなど

・カラダをねじる時の軸足・・・テニス、野球(バッティング)など

スポーツには数え切れないほど、膝の過伸展が起きやすい動作があります。

本人が正しい膝の使い方を知り、意識的に修正していくことが大切です。

5,正しい膝の使い方

膝を伸ばしすぎないと言っても、どこが正しい位置なのか最初はわからないと思います。

わかりやすい判断基準としては

・横から見た時に膝が湾曲していないか

・正面から見た時にO脚になっていないか

明らかな過伸展では見ればすぐわかりますが、一般の人が見ても分からないレベルでの過伸展でも膝に痛みが出る場合もあります。

そういた場合は私たち専門家におまかせください!

大木接骨院では姿勢検査や歩行検査といった写真や動画を使うため、難しい原因でも患者様にわかりやすく説明できます。

友だち追加

姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院 新中野駅前院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/

頭痛でお悩みの方はコチラ「頭痛への施術」

腰痛でお悩みお方はコチラ「腰痛への施術」

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院