長時間座ると起こるお尻から太ももにかけての痛みやしびれ

You are currently viewing 長時間座ると起こるお尻から太ももにかけての痛みやしびれ

1,お尻から太ももにかけて症状が出る理由

2,坐骨神経の癒着

3,座り方や椅子の問題

4,坐骨神経への筋膜リリース

 

1,お尻から太ももにかけて症状が出る理由

腰、お尻、太ももが痛い原因を追究

デスクワークなどで長時間座っていると、お尻から太ももの裏にかけて痛み、しびれ、だるさなどが出る症状の多くは、坐骨神経が関与しています。

坐骨神経は骨盤からお尻、太ももの裏を通って膝裏付近で名前を変えて走行しています。

神経は川が上から下に流れるのと同じように、中枢から末端にかけて走行しています。

神経の中枢がストレスを受けると、末端に症状が出る場合もあります。つまり、症状が出ている場所が必ずしも原因ではない場合もあります。

2,坐骨神経の癒着

デスクワークでの坐骨神経痛

人のカラダには筋膜という組織同士をくっつける役割をもつ結合組織があります。

この結合組織が坐骨神経を癒着させ、症状を生んでしまう原因になります。

癒着が起こる理由は長時間の圧迫や炎症による癒着の助長などがありますが、坐骨神経に関しては長時間座っている事による圧迫が原因になる事が多いです。

一度強く癒着をしてしまうと簡単には剥がれないため、指で直接坐骨神経を剥がすしかありません。        

ストレッチでは簡単な癒着には効果的ですが、何年もかけて出来た癒着には効果がなく、むしろ症状を悪化させてしまうかもしれません。

3,椅子や座り方の問題

腰痛の原因になる椅子の種類

デスクワーク等で長時間イスに座っている人はどんな椅子に座っているかも重要になります。

座面が柔らかすぎてお尻が沈んでしまうと、お尻の筋肉や坐骨神経が引き伸ばされた位置で癒着を起こしてしまいます。

また、背もたれのリクライニングが倒れすぎていても同様に骨盤が後ろに倒れてしまうためよくありません。

理想の椅子は座面がある程度の硬さを持っていて、背もたれが約100度で固定できるようなものが望ましいです。

4,坐骨神経への筋膜リリース

坐骨神経

坐骨神経が癒着を起こすと、ストレッチでは改善せず、むしろ症状を誘発してしまうことが多いです。

癒着に対しては直接神経をリリースすることで滑走性を取り戻し、症状を緩和させることが有効です。

神経が的確にリリース出来ると、身体を動かした時に神経が独立して動くため、引き伸ばされたりすることがなく、症状改善ができます。

坐骨神経は無数にある神経の中でも、かなり太い神経です。直接触られるとしびれや違和感を感じますが、神経自体を傷つけてしまう心配はまずありません。


姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院 新中野駅前院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/

頭痛でお悩みの方はコチラ「頭痛への施術」

腰痛でお悩みお方はコチラ「腰痛への施術」

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院