杖生活からの脱却(70代女性)

You are currently viewing 杖生活からの脱却(70代女性)

●腰・股関節・膝の痛みで杖を使って歩いていた患者様

70代女性の患者様です。

7年前からカラダの色々なところに痛みがでるようになり、杖がないと歩けないようになったそうです。

家の中でも壁や家具でカラダを支えながら移動する生活が長く続いていたとのことです。

●原因の特定

姿勢や歩行の検査を行い、症状の根本的な原因を明確にします。

今回の患者さまの場合は、杖を長期間使い続けてきたことによって起きた上半身の右にずらせた姿勢と、片足体重を続けていたことによる左半身の筋力低下・膝関節のねじれが主な痛みの原因となっていました。

●カラダの状態

長年悪い姿勢を続けてしまったため、各関節に強い癒着が存在していました。

特に股関節の動きが悪く、股関節がうまく使えないことによって腰痛や膝の痛みを作っている状態でした。

また、筋力低下もおきていて、カラダを支える腹筋と下半身の筋力低下が強かったため杖なしではふらついてしまいまっすぐ歩けませんでした。

●施術方法

股関節の可動域改善と膝のねじれに対して筋膜リリースを行い、関節を適切な位置に戻すように手技を行います。

運動療法で腹筋の使い方と足・膝・股関節の使い方を練習して、立ち方や歩き方などの日常生活の姿勢と動作を変えていきます。

●経過

初期の症状が強かったため、痛みが落ち着いてくるまで2〜3ヶ月ほどかかりました。

ほぼ同時に杖を使わないで歩けるようになってきたので、ウォーキングを始めるようにお願いし始めました。

通院して半年ほどたった頃には、今までタクシーを使っていたところひと駅分程度なら歩いていけるようにまで回復しました。

友だち追加

姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院 新中野駅前院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/

頭痛でお悩みの方はコチラ「頭痛への施術」

腰痛でお悩みお方はコチラ「腰痛への施術」

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院