何もない所でつまづいてませんか?

何もない所でつまづいてませんか?

階段やちょっとした段差でつまずいたり、なにもない道でも転びそうになったりしていませんか?

「足が上がらなくなってきた」だけで済ますのは危険です!

つまずくのは筋力が落ちて、体が弱ってきている証拠なので早い段階で対処をしないと転倒によって大怪我をしてしまうかもしれません!

1,つまずく理由

●歩き方の問題

すり足気味の歩き方だったり、膝から下を振るようにして歩いていたりと、地面をしっかりと蹴れていないとつまずきやすかったりします。

体幹を安定させた状態で股関節、膝、足首の3つの関節を連動させて動かさないと正しい歩き方はできません。

●筋力低下の問題

筋力低下も結果的には歩き方の問題に繋がります。

出勤以外で歩かなかったり、年齢を重ねることで、外出の機会が減ったりすると筋力低下が起き始めます。

歩く時間が少ないと筋力低下に繋がり、筋力が弱いと歩き方が変化し、結果つまずいたり体の痛みにつながってきます。

2,足を高く上げればいい??

つまずかないように気をつけると行進のように足を大きく上げて歩こうとしがちですが、実はそれだけではうまくいきません。

大切なのは地面に接地している足になります。

体重を支えている側の足がしっかりと地面を蹴ることにより、体が持ち上がり、反対の足を前に出すことが出来ます。

階段をのぼるときのように、前足にしっかりと体重をのせて踏み込まないと次の脚が出てきないのと同じように、

歩くときも体重がかかっている側の足で地面を蹴ることが重要になってきます。

スクワットをする女性

3,必要な筋肉

●腹筋と背筋

体幹〜骨盤を安定させることで下半身の筋肉を正しく使えるようにする。

●お尻の筋肉

股関節を伸ばし、上体を持ち上げるための筋肉。ねじれにも関与する。

●太ももの前面の筋肉

膝を伸ばし、地面を押すための筋肉。

●すね、ふくらはぎの筋肉

すね・・・つまさきを起こすための筋肉。

ふくらはぎ・・・踵を上げて、つまさきで地面を蹴るための筋肉。

他にも必要なことはたくさんありますが、非常に大まかかつ簡潔に書くと上記の筋肉をうまく連動して使うことにより正しい歩き方に近づきます。

これらの筋肉を使うトレーニングとしてはスクワットやヒールレイズなどが有効です。

しかし、体の構造を理解していない人が、思うがままにトレーニングをしても自分の使いやすい筋肉を優先的に使ってしまうため、かならず効果が出るとは言えません。

体の構造と歩き方の仕組みを理解している人の指導の元で行うことが望ましいです。


姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院

次の投稿その他の記事を読む