【ケガ その5】脱臼

こんにちは!受付の佐藤です!

今日は脱臼についてお話します

脱臼とは

関節が動ける範囲以上に無理に動かされた結果、関節を押さえている靭帯が傷つき、骨が移動してしまい、元の正常な位置にもどらない状態」を脱臼といいます。

捻挫と似ているのですが、骨の位置がズレてしまっていることが大きく違います。

完全に関節が外れたものを完全脱臼(かんぜんだっきゅう)、位置がずれた程度のものは亜脱臼(あだっきゅう)といいます。

いずれも、関節を支える靱帯(じんたい)などの組織に損傷がおこっています。

症状

関節が異常な形となって動かなくなり痛みます
また、関節周辺が腫れてきます。

脱臼した関節を含む四肢(しし)の力が抜けたり、痛みで動かせなくなることもあります。
亜脱臼の場合は変形が少ないため、捻挫との鑑別が難しくなります。

代表的な脱臼をいくつか挙げます。

1.肩関節脱臼(かたかんせつだっきゅう)

関節のなかで、可動範囲がいちばん広い肩関節(かたかんせつ)は、脱臼がおこりやすい関節です。

2.肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)

鎖骨のいちばん外側である肩峰(けんぽう)のところが脱臼し、段がついたようにみえます。

脱臼について詳しくはこちらをクリック→「脱臼とは
当院では脱臼の治療をすることができます

捻挫と間違えることもありますので、関節がいつもの形をしていない、痛みが強いなどありましたら、自己判断せずにお気軽にご相談下さいね


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故治療ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療 なら大木接骨院

子供を交通事故に遭わせない!

こんにちは!受付の佐藤です!

今回は、子供の交通事故に関してのお話です(>_<)

前にも、子供の交通事故に関してのお話をしていますが、今回は、ご自身のお子さんを守る為に何に気を付け、お子さんに教えたら良いのかをお伝えします。

ぜひお子さんへ、保護者の方から交通ルールをご指導頂ければと思います。

子供の交通事故で多いのは

道路横断中
自宅付近
夕方の時間帯
自転車の事故
小学生の男子児童

子供の事故は、『自宅の近所』で起こる場合が多いそうです。

日常生活の中で、普段から車に対する注意を図る事が重要です。

☆『止まって、左右の確認してから渡る』事を教えましょう

〇信号を青で渡っても、必ずしも安全とは限りません。

しっかりと左右を確認してから渡るようにしましょう。

☆活発的な子供ほど、『真っ直ぐな道を飛び出す危険があります。

〇ご自分のお子さんの性格に合わせて、

普段の外出などを利用しながら、

繰り返し交通ルールを教え込みましょう。

そして、道路は飛び出さないよう教えましょう。

☆子供は大人と比べると、視野が狭く視点が低い

〇子供は年齢が低くなるほど、視野が狭くなり、

1つのものに目が行くと、

周囲に注意が回らなくなるという傾向が

科学的に証明されているそうです。

☆子供はその時々の気分によって、行動が変わる

〇出掛ける前等に叱ったりすると、

気持ちが動揺し、行動が衝動的になります。

あいまいな言葉は理解出来ていない可能性が高い

〇『危ない』『気を付けてね』等の、

言葉で聞かせるだけでは、

何に気を付けたら良いのか、何が危ないのか等を

理解出来ないので具体的にきちんと説明し、

繰り返し教えることが大切です。

道路や、車のそばでは、絶対に遊ばせない

〇ご自分のお子さんの安全を守る為にも、

保護者の方がしっかりと安全指導をしてください

※事故に遭ってはいけませんが、万が一が時には、

接骨院でも治療ができますので御来院くださいm(__)m


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故治療ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療 なら大木接骨院

【ケガ その4】骨折

こんにちは!受付の佐藤です!

今日は骨折についてお話します!

骨折の症状

1.痛み

骨折した部位に強い痛みを感じます。

外から見ただけでは折れているかどうかわからないときは、痛めた部位の骨をそっと押してみて、そこに強い痛みがあれば骨折が疑われます。

押したときに感じる痛みを「限局性圧痛」といいます。

完全に折れているときだけでなく、ひびが入ったときもこの圧痛はみられます。

また病的骨折(骨粗鬆症などの病気が原因で起こった骨折)や疲労骨折(過度の運動によって生じたひびが原因による骨折)は、明らかな外からの強い力がかからなくても起こることがあります。

ケガをした覚えがなくても、骨折である場合もあります。

2.変形異常可動性

骨折では、骨が曲がるなど、外見からも明らかに折れていることがわかります。

これが変形です。

このようなときは、みるみる腫れてきて、強い痛みも出現します。

異常可動性とは、関節以外の場所で骨が動く(曲がる)ことをいいます。

変形がなくても、異常可動性がみられれば骨折しています。

3.内出血

骨折すると、骨折部から出血します。骨周辺の軟部組織(筋肉など)も傷つくことが多く、ここからも出血します。

出血の量が多いと骨折直後、外見ではわかりませんがある程度の量の出血があると数日後に血液が皮膚のすぐ下まで達し、内出血があらわれるのです。

内出血は始めのうち黒ずんだ紫色ですが、血液の分解と吸収が進むにつれ徐々に黄色くなっていき、やがてすっかり吸収されます。

骨折により大量に出血した場合は、低血圧となってめまい冷や汗意識消失などの脳貧血症状があわられることもあります。

そのような時はすぐ救急車を呼びましょう。

4.腫れ

骨折してから数時間後に、骨折部周辺が腫れてきます。

これは出血や炎症によるもので、腫れがひくまでには2~3週間かかることもあります。

折れた骨によって太い血管が傷ついていることもあるので、急激に腫れてくる場合や、低血圧による脳貧血症状があらわれた場合はすぐに救急車を呼び、一刻も早く専門的な治療を行える医療機関に運ぶ必要があります。

骨折の応急処置

1、冷やす
氷を入れた袋(氷のう)などで冷やします。氷のうをあてるときは、凍傷を防ぐためタオルなどでくるみ、直接当てないようにしましょう。

2、心臓より上に挙げて安静にする
できるだけ腫れを抑えるために、可能なら骨折部を心臓より上に挙げます。悪化を防ぐために安静を保ちましょう。

3、副木(備え木)になるものをあて包帯や布で固定する
固定することにより、骨折部の安静を保つことができます。きつくしばりすぎないように注意しましょう。

4、肩、肘、腕の場合は三角巾で支える
スカーフなど適当な大きさの布を三角巾の代用とし、腕をつって支えます。このような応急処置をしたあとは早くに病院や専門医がいるところで診てもらいましょう。

傷があってそこから折れた骨が見えているような場合(開放骨折)や、高所からの落下などで大きな骨折損傷が予想される場合、命が危ぶまれる場合はすぐに救急車を呼び、専門的な骨折治療が行える病院に運びます。

とくに開放骨折は、受傷後8時間が治療のゴールデンアワーといわれているので、一刻も早く病院に運ぶことが求められます。

骨折が疑われる場合は、整形外科や接骨院を受診をしましょう

当院でも骨折の治療行っています。

お気軽に、ご相談下さいませ


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故治療ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療 なら大木接骨院

子供の自転車事故で賠償金9500万円

こんにちは!受付の佐藤です!

今日は子供が自転車事故を起こし賠償金9500万となった事故をお話をします。

平成20年9月22日午後6時50分ごろ、神戸市北区の住宅街の坂道で起きた。

当時11歳だった少年は帰宅途中、ライトを点灯しマウンテンバイクで坂を下っていたが、知人と散歩していた女性に気づかず、正面衝突。女性は突き飛ばされる形で転倒し、頭を強打。
女性は一命は取り留めたものの意識は戻らず、今も寝たきりの状態が続いている。

少年が時速20~30キロで走行し、少年の前方不注視が事故の原因と認定。
事故時はヘルメット未着用だったことなどを挙げ、「母親の指導や注意が功を奏しておらず、監督義務を果たしていない」として、母親に計約9500万円の賠償を命じた。
特に被害者の女性が意識が戻らないというということで慰謝料などが高額になり高額の損害賠償になったという。

子を持つ親に一億円近い賠償を命じたこの判決。

みなさんはどう思いますか?

車だけでなく自転車事故でも、被害者だけでなく加害者にも悲しく辛い出来事になります。

大人が交通マナーを守れない世の中で子供はちゃんと育ちません

まずは大人から、そして子供にもちゃんと交通ルールを教えて事故の少ない世の中にしましょう

また自転車事故に遭うと、骨折脱臼捻挫打撲挫傷のケガがありえます。(負傷名クリックするその記事がみれます

当院では骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷のケガに関する交通事故治療が出来ます

何かありましたらお気軽にご相談下さい


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故施術ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故施術 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故施術 なら大木接骨院

子供や赤ちゃんが交通事故にあったら

こんにちは!受付の佐藤です!

自分でまだ症状を理解できない、口で伝えられない子供や赤ちゃんと交通事故にあってしまったら・・・

どこも痛くなさそう
泣いたりしていない
すり傷もなさそう
内出血もなさそう
たとえ子供が大丈夫そうであっても、そのままにせず、整形外科や接骨院を受診しましょう

赤ちゃん

赤ちゃんは、私たち大人に比べると内部組織がまだしっかり形成されていないので、一見目立つようなケガがなかったとしても、必ず病院に行って頂き精密な検査を受けるようにしましょう

子供

子供というのは、自覚症状があったとしてもそれを人にうまく伝えられない事がよくあります。
お子さんが後頭部を打っていないか、事故の衝撃により、症状を訴えていないかをまずしっかり確認して頂き、一見ケガがなくても必ず病院などの医療機関で検査を受けるようにしましょう。

勿論他の医療機関に通われていて、当院へ移ることも可能です。

当院は交通事故施術もしておりますので、お気軽にご相談下さいね


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故施術ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故施術 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故施術 なら大木接骨院

アルコールと慢心は交通事故のもと!

こんにちは!受付の佐藤です!

少し前にも、飲酒運転の罰則などについてお話ししましたが、今回は飲酒運転につながるアルコールについてお話します!
飲酒運転の罰則についてはこちら→「飲酒運転 罰則

アルコールは脳の働きを低下させる

アルコールは、大脳機能を麻痺させるため、飲酒によって脳の働きは低下します

少しくらい飲んでも「自分は事故にならない」という慢心から飲酒をしてしまうことがあり、それによって理性が失われて、いっそう気持ちが大きくなり、『注意すれば運転しても大丈夫だ』などと、自分の都合の良い考え方をしてしまいます。

車の運転には、道路の状況に注意し、それをもとに的確な判断と機敏な動作が求められます。

酔った状態では注意力が低下しているので、自分では注意しようとしていても出来ていないことがあるのです。

そのため、お酒を飲むと判断ミス運転ミスをしてしまうんです。

絶対に飲酒運転は、止めましょう

酔いの仕組み

酔いの状態は、アルコール血中濃度によって6段階に分けられます。

?爽快期
爽やかな気分になる、判断が少し鈍くなる等

?ほろ酔い期
体温上昇、脈が速くなる、理性が失われる

?酩酊初期
気が大きくなる、怒りっぽくなる、立てふらつく

?酩酊期
千鳥足になる、何度も同じことを喋る、吐き気、嘔吐が起こる

?泥酔期
まともに立てない、意識がはっきりしない、言語がおかしくなる

?昏睡期
揺り動かしても起きない、呼吸はゆっくりと深い、時に死亡につながる

※上記の段階は個人差がありますので、あくまでも目安です。
お酒が強い人などは、遺伝の影響もありますが、体内の水分量や体重による個人差が考えられます。

男女の差
女性は一般的に男性よりもお酒に弱いと考えられるそうで、体内の水分量が男性よりも少ないことや、体格や肝臓が男性より小さいことによると考えられます。

年齢差
高齢者は若者に比べて体内の水分量が少ないため、お酒に弱いと考えられます。

自動車やバイクだけではなく、自転車も飲酒運転となります

少しでも飲んでしまったら、絶対に運転しないようにして下さい


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故施術ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故施術 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故施術 なら大木接骨院

妊婦さんの交通事故治療

こんにちは!受付の佐藤です!

妊婦の方で交通事故に遭われた方、どうしてますか??

妊婦さん向けの施術

妊娠中の交通事故施術は非常にデリケートな為、治療に前向きでない病院も多い様で、また、妊娠中は湿布や薬の処方ができない為満足に施術を受けられないので、症状を我慢している方が多いのが事実です。

その理由は、以下のような「胎児への影響が否定できない施術方法は行えない」ことにあります。

1.薬物療法内服薬など)
2.電気療法
当院では、妊婦さんでも行える施術を提案しております。

例)むち打ちによる首の痛み

1.温める(緊張している筋肉を温めることで緩め、血行を良くして回復力を高めます)
2.手技療法(緊張している筋肉を緩め、首を動きやすくします)
お気軽にご相談下さいね

 


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故施術ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故施術 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故施術 なら大木接骨院

東京都中野区における交通事故の傾向

こんにちは!受付の佐藤です!

当院がある場所は、中野区です

目の前が中野通りで、すぐ近くに青梅街道が通ってます

最寄りは新中野駅ですぐ隣の東高円寺駅からも患者さんが多くいらっしゃってます!

さて、当院がある東京都中野区における交通事故の傾向について調べてみました。

時間帯
交通事故が多い時間帯には、2つのピークがあるようです。

時~
12時~
やはり日中の交通量の多い時間帯に事故が集中しているようです。

曜日
交通事故が多い曜日にも、2つのピークがあるようです。


参照サイト「中野警察署」HPの交通事故発生状況(http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/ps_data/037/ps_kotu.htm)
週末に関しては、土曜日の方が少しだけ多いのですが日曜日も少ないわけではないのでどこかにお出かけの際には、
気を付けなくてはいけませんね。

しかし、これはあくまでも統計であり、実際は曜日など関係なしに毎日のように事故が起きています。

朝の通勤時間帯などは、特に中野区での事故は多いようなので、中野区にお仕事で通われている方、中野区に住んでいる方は、気を付けて下さいね。

そして、自転車や自動車などに乗って移動される方は、安全運転でお願いします

歩行者の方も十分に気を付けてください

当院は新中野駅から徒歩分の中野通り沿いにあります
何かありましたらお電話、又は当院までお越し下さい


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故施術ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故施術 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故施術 なら大木接骨院

妊婦さんもシートベルトを!

こんにちは!受付の佐藤です!

今日は妊婦さんのシートベルトの必要性について書きます!

実は、日本では妊婦さんのシートベルトの着用は義務化されていません。

『道路交通法施行令では、妊娠中やけがなどで健康保持上適当でない場合ベルトの着用義務を免除する

しかし、先進国の多くでは、妊婦さんのシートベルト着用が義務化されています

もちろん日本でも妊婦さんにシートベルト着用促す人々もいます。

事故時にシートベルトを着けていない場合、胎児が死亡する危険は着用時の約倍になるとの海外の研究例があることなどから、日本産科婦人科学会などが、ベルト着用を妊婦に勧めることを診療指針に明記しました。

こうした動きを受け、ようやく、警察庁は200811日、事故時に妊婦と胎児の両方を守るため妊婦のベルト着用率を上げる必要があると判断し、妊婦にベルトの着用を呼びかけることを決めました

そこで

妊婦さんの正しいシートベルトの装着方法をお教えします

1.座席と腰の後ろに隙間ができないように深く腰掛けましょう。

隙間があると、ブレーキを奥まで踏み込んだときに腰が後ろに下がり、ブレーキに十分な力がかからなくなります。

2.座席を前後に調節しましょう。

ブレーキペダルを奥に踏み込んだ状態でひざが軽く曲がるようにします。

3.背もたれの角度を調節しましょう。

ハンドルの上端を握り、ひじを軽く曲げて背中が背もたれにつくようにします。

4.頭の後ろにヘッドレスが来るように高さ調節しましょう。

追突時のむち打ち症にならないために衝撃に備えます。

5.ハンドルの高さ座席シートの高さを調節しましょう。

胎児をエアーバックが開いたときの衝撃から守るために、おなかとハンドルの距離をできるだけ開けるようすることが重要です。衝突時にエアバッグが膨らんだときの損傷を避けるため、ハンドル中央のエアバッグが出る場所と身体が25センチ以上空いてることを確認しましょう。

6.シートベルトを確認しましょう。

・捻れていないこと、金具が確実に差し込まれていることを確認しましょう。
・肩ベルトが首にかからず鎖骨の中央に来るようにシートベルトの高さを調節しましょう。
肩ベルトは鎖骨の中央から胸の間の骨の上を通るようにして、お腹のふくらみにかからないように注意しましょう。腰ベルトはお腹のふくらみを避けて、腰骨の位置にくるように調節しましょう。
・最後にシートベルトが緩みすぎないか確認!
身近に妊婦さんがいたら、是非教えてあげてください

またマタニティシートベルトも売っているみたいですよ

是非こちらの記事も一緒にお読みください→シートベルトの大事さ

当院は妊婦さんも大歓迎です

妊婦さんにあった施術をいたします。

身体の事で何かありましたらお気軽にご相談またはご来院下さいね


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故施術ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故施術 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故施術 なら大木接骨院