人身事故と物損事故の違いは?

皆さん、こんにちは!
受付の佐藤です!

今日は「人身事故と物損事故の違い」についてお話しします。

定義
1.人身事故とは

器物の損傷に加え、人が負傷したり死亡したりする交通事故

2.物損事故とは

物に対して損害が生じる交通事故
つまり、わかりやすく言うと、

物損事故を壊しただけの事故
人身事故だけではなく、もケガをしてしまった事故

となります。

交通事故後の警察への届け出
基本的には、交通事故後には警察を呼び、事故が起きたことを客観的に記録してもらうのです。

後に交通事故証明などが発行してもらうのは、公的に交通事故が起きたことを証明してもらうためです。

その際に、今回の事故は「人もケガをしているのか」という判断で、人身事故なのか物損事故なのかが判断されます。

つまり、警察は事故現場で被害者にケガはないかを確認し、物損事故なのか人身事故なのか確認します。

それを踏まえて警察は、ケガがないので物損事故ケガがあるので人身事故として処理していきます。

物損事故と人身事故の違いは?
結論から言うと、人身事故の場合のみ被害者の治療が補償される」のです。

人身事故となれば、加害者は相手をケガさせたことになりますから、相手の治療費を支払わなくてはいけません。

一方、物損事故となれば、被害者の身体にケガがないことになりますので、被害のあった自動車などを補償すればよいのです。

このように交通事故直後にケガがあるかないかを警察に申告することは非常に重要ですので、覚えておきましょう!


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ :?https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter :?https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

————————————————————-

“人身事故と物損事故の違いは?” への1件の返信

コメントは受け付けていません。