側副靭帯損傷

膝関節の固定

バスケットボールのプレイ中にデフェンスをしていて、右に方向転換をしようと思い、左脚で右へサイドステップしたところ膝が内側に入ってしまい膝に激痛がでたそうです。

ケガをした直後は痛みがひどく歩くこともできませんでしたが、ケガから2週間弱経った今は歩くのは問題なくなりました。ですが、まだ小走りをしたり階段を昇るのはまだ痛みが残り、不安になり来院したそうです。

新中野大木接骨院 ケガ治療 スポーツ 超音波検査機 超音波検査 内側側副靭帯損傷 内側半月板損傷  

そして「側副靭帯のどこを痛めてるのか」「他に痛めているところが無いか」を確認するために超音波検査を行いました。

圧痛の確認など触診も行ったところ、靱帯(内側側副靱帯)の損傷とともに半月板(同側)の損傷も疑われました。

現在、非常に柔らかいサポーターをしていましたが、このままでは組織の回復を妨げますので、しっかり固定します。
ギプス固定(キャストロール3号)を行いました。

このまま1~2週間程度の固定となりそうです。

歩行検査

ちなみに今回のケースでは、「ニーイン トゥーアウト(knee in toe out)」という受傷原因になるので、歩行検査を行いました。

ケガをした脚と、していない脚の歩き方の差を分かりやすく画像にしてみました!

新中野 大木接骨院 歩行 姿勢 歩き方 ケガ治療 側副靭帯損傷 半月板損傷

上の写真の左側が膝の側副靭帯を痛めた方の脚です。

右脚のケガをしていないほうに比べ、左脚は膝が内側に入りながら脚を捻って歩いています。元々の歩き方のクセと痛みをかばっているため、膝関節で関節がズレているのがわかります。画像で確認すると誰でも分かる程の違いが出てきます。

この歩行検査から左膝は使い方が良くなかったことが推測できます。また、ケガの後にさらに膝の使い方(クセ)が悪化したと考えられます。
左膝は「いつケガしてもおかしくない状態」だったし、今も一歩ずつ歩くたびにケガしている組織にストレスをかけているので治りにくいと言えます。

右側の画像のように膝が真っすぐの位置のまま、曲げ伸ばしができることが正常な動かし方なのです。

当院では、「ケガはするべくしてする」という考えがあります。
予防も考えて必要な方には、この膝の使い方や歩行までも改善していきます。

日常動作の関節の使い方(クセ)が原因でスポーツ中にケガをしてしまいます。もし、ケガをしてしまったら当院にお越しください!



姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
WEB予約:https://2.onemorehand.jp/ohkisekkotsu/

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院

左第5指PIP側副靭帯損傷

バレーボールのプレイ中にレシーブをしようと手を出したところ、指先にボールが当たってしまい突き指をした患者様です。

指を完全に伸ばすことは可能ですが、上の写真でもはっきりと分かるように小指の真ん中の関節が少しだけ腫れています。

第1度のDIP関節捻挫として治療しました。
包帯での固定を2週間(週5回の包帯交換)行いました。その後、関節が硬くなるので、通常1ヶ月程度週2回、筋膜リリースで関節の硬さを取ります。

固定期間を長くするとすぐに関節が固くなります。
当院の治療方針は、固定期間を過不足なく最適にして、関節を硬くしないことで全体の治療期間を短くします。
ですので、なるべく毎日通院して頂き、包帯交換をし、症状を確認していきます。

固定して2週間後に診せてね。ということはありません。

こういった突き指などのスポーツ中のケガも当院では治療を行えます。
筋・骨・関節(運動器)の痛みはすぐにご相談下さい!



姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
WEB予約:https://2.onemorehand.jp/ohkisekkotsu/

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院

右橈骨骨幹端骨折、右肘外顆不全骨折

小学校の塀の上から落ちて、手を付き右腕が体の下敷きになったそうです。

肘の外側に圧痛がありました。腫れは少ないですが、手首を返せない、肘を完全に伸ばせない状態 (前腕の回外と肘関節完全進展の制限) でした。

新中野 大木接骨院 ケガ治療 固定 橈骨骨幹端骨折 肘外顆不全骨折 

上写真のように右腕をダラッとしていると「楽だ」そうです。少し肘が曲がってますね。

骨折が強く疑われる症状です。

超音波検査をおこないます。

新中野 大木接骨院 ケガ治療 固定 橈骨骨幹端骨折 肘外顆不全骨折 超音波検査機 超音波
肘関節外側_超音波画像

画像にて大きな転位がありそうな骨折ではなさそうなので、キャストロール3号にて固定をしました。

新中野 大木接骨院 ケガ治療 固定 橈骨骨幹端骨折 肘外顆不全骨折 
新中野 大木接骨院 ケガ治療 固定 橈骨骨幹端骨折 肘外顆不全骨折 

固定後は、本当に骨折があるかどうかを診察していただくために、中島整形外科様で診ていただきました。

当院はケガでもしっかり対応できます。日曜日でも診療しておりますので、もしものときはご相談下さい。



姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
WEB予約:https://2.onemorehand.jp/ohkisekkotsu/

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院

膝関節捻挫

椅子があると思って座ったらなかったため、転んで尻もちをついた時に左膝を捻りケガをされていました。

膝に腫れがあり、椅子に座って膝を曲げたり、しゃがみ込もうとすると痛みが発生し、歩行時や荷重時も痛みで困難とのことでした。

症状より半月板を痛めたように判断しました。念の為、超音波検査も行いました。

治療としては、キャストライトで2週間ほど固定をします。

膝関節捻挫 固定2

固定期間中はお風呂は左脚を入れることができません。ですので、次回以降、来院のたびに外して、拭きます(清拭)。

当院では、このような日常生活でのケガやスポーツ中のケガ、交通事故によるケガの施術も行っています。

日曜日でも診療しておりますので、もしものときはご相談下さい。



姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
WEB予約:https://2.onemorehand.jp/ohkisekkotsu/

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院