社会人テニスでの足の裏の痛み(40代男性)

You are currently viewing 社会人テニスでの足の裏の痛み(40代男性)

●テニスでの足の裏の痛みで来院された患者様

40代男性の患者様です。

週に1〜2回社会人テニスを趣味として続けていたところ、右足の土踏まず部分に痛みがでてきて、歩くだけで痛みが出たり、思うようにプレーできないというお悩みでした。

 

●原因の特定

姿勢検査、歩行検査、フォームチェックを行い、痛みの原因を探します。

テニス中だけではなく、日常生活での立ち方、歩きかたにも原因が隠れている可能性がありますので、丁寧に検査を行います。

今回の患者様の場合、歩いている時やプレー中につま先を外に向けてることで、土踏まずを潰してしまい、足の裏の筋肉に大きなストレスをかけていたことが原因による痛みでした。

一般的には”足底腱膜炎”と呼ばれることが多い症状です。

●カラダの状態

普段はデスクワークが中心の生活ということでしたが高い強度でのスポーツ習慣があるため、筋力はしっかりと発達していたため”筋膜の癒着”が強くいわゆるカラダが硬い状態でした。

筋力は強いもののつま先を外側に向けたり、膝を内側に捻ったりと”動作のクセ”は強く、痛みに繋がるリスクは多く持っていました。

●施術方法

まずは痛みが出ている足の裏や、足首周囲の癒着を筋膜リリースではがして、症状の緩和と足首の柔軟性を上げていきます。

その後、カーフレイズやスクワットなどで下半身の使い方を修正し問題となっている原因動作を変えていきます。

●経過

施術開始1ヶ月で、歩行時の痛みは消え、テニス中(ダッシュや切り返し動作)の痛みが4/10程度にまで下がりました。

歩くだけの動作では足の使い方を修正できたものの、運動強度の高いスポーツレベルではまだ土踏まずをつぶしてプレーしているものと考えられます。

2〜3ヶ月でテニス中の痛みもなくなり、正しい筋力を使えるように動作修正と筋膜リリースを行いました。

正しい動作を取得することで痛みの改善・予防だけでなく、スポーツパフォーマンスを向上させることもできます!

大木接骨院では、解剖学的動作に基づいて施術をしているため、あらゆるスポーツ動作に対応できます!

スポーツ中に痛みや不調を感じたらぜひご相談ください!

友だち追加

姿勢と動作を変え、原因からの施術を追求する
大木接骨院 新中野駅前院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月~水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日 8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日 8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/

頭痛でお悩みの方はコチラ「頭痛への施術」

腰痛でお悩みお方はコチラ「腰痛への施術」

マッサージでは解決しない痛みとスポーツのケガに特化した新中野の大木接骨院