交通事故が起こりやすい場所とは

こんにちは!受付の佐藤です!

さてみなさん、交通事故はどんな所で起きやすいか知っていますか

2006年のデータから見ると、6,147件の交通死亡事故のうち、市街地の事故が3,279件だったのに対して、非市街地の事故は2,868件でした。

人も車も、都市部=市街地に集中していることを考えると、ちょっと意外な感じがしませんか?

市街地の事故・・・全体の約半数が交差点で起こっていて、信号機が無い交差点よりも信号機がある交差点の事故が多く発生しているのが特徴的です。

非市街地の事故・・・一般単路での事故の方が多くなっています。そして交差点の事故では市街地の場合とは反対に信号機が無いために、交差点での事故が圧倒的に多くなっています。

以上の事から市街地交差点では信号機の有無関係なく注意が必要です

勿論交差点だけじゃなく車を運転する際には交通ルールを守り注意を怠らないでください

よかったらこちらの記事も一緒に読んでみて下さい→交通事故の原因


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月-水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
大木接骨院ホームページ:https://ohki-sk.com/
交通事故施術ページ:https://ohki-sk.com/first/trafficaccident/
中野区・新中野・東高円寺の交通事故施術 なら大木接骨院
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故施術 なら大木接骨院