自転車の傘さし運転は危険行為です

こんにちは!受付の佐藤です!

みなさんは雨の日に自転車に乗らなければいけない時、どのような対策をしていますか?

雨がっぱ?それとも

街中でよく見かけるのは傘ではないでしょうか?

ですがその行為、実は5万円以下の罰金です!

自分や第三者が危険になる場合もありますので止めましょう

例えば傘さし運転で、自動車と接触事故があったとします。

その際に、刑事責任民事責任を問われます。

刑事責任とは「5万円以下の罰金」で、民事責任とは簡単に言うと「ケガを与えた相手への補償」となります。

では民事責任について詳しく話を進めていきましょう。

どのような民事責任が問われるか?

自分が加害者・被害者どちらになったとしても、自転車を運転していた側の過失割合が、一つの焦点となります。

傘を差しながら自転車を運転していると視野が狭いですし、手がふさがっているので自転車の運転が制限されてしまいます。

たとえ自分が被害者だったとしたら、傘を差しながら運転していたこと自体が自分(運転者)の落ち度であるため、保険会社などから100%補償できない(過失相殺)と主張されてしまうのです。

自転車(自分)にその他の落ち度(過失)はないとして、この例の場合の過失割合は20%です。

相手が歩行者の場合などはまた変わってきますので、また次回そのお話はします。
その過失割合の分は加害者から支払われる賠償金より減額されてしまう(過失相殺として)のです。

まとめ

自転車の傘さし運転は、

1.自分がケガをしてしまう危険行為である

道路上の急な変化に対応できないために、交通事故となる確率が高い

2.他人を巻込んでケガをさせてしまう危険行為である

相手を不幸な事故に巻込んだ民事責任・刑事責任を問われることになる
なので、自転車の傘さし運転はやめましょう!

他にも自転車での事故の記事を載せていますので、是非ご覧下さい!

1.自転車が歩道で事故を起こした場合
2.自転車も立派な交通事故

 


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ :?https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter :?https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

————————————————————-