休業損害について

こんにちは!受付の佐藤です!

今回は休業損害についてです!

もしも交通事故に遭ってしまったら、ケガ等の具合によっては仕事を休むことになると思いますが、休んでいる間の給料はどうなるのでしょうか?

休業損害の補償ついて

休業損害とは、交通事故が起きた場合、ケガによりやむなく仕事を休まなくてはならなかった場合に、本来働いていた給与分が減額されることが考えられます。

交通事故の被害者は、その休業損害を補償してもらうことができます。

休業損害の計算方法

ここで理解しておいてほしいのは、自動車の加入する保険には2種類あるということです。

加害者の加入する保険により補償されるわけなのですが、相手が何の保険に入っているかによって計算方法が異なるのです。

保険の違いがわからない方は当ブログの別の記事を参照してください↓↓↓
自賠責保険強制保険
自動車保険任意保険

1.自賠責保険強制保険の場合

休業損害は、以下の計算式で算出されます。

休業損害 = 5,700円 × 休業日数
ただし、実収入が1日5,700円以上の場合は、例外的に認められる場合もあるそうです。

※その場合、上限は1日19,000
基本的に自賠責保険の基準は、補償されるべき最低限の金額という意味合いが強く、休業損害においても同じように考えていて間違いはないと思います。

つまり、この1日5,700円と自分の休業損害の実質額を比較し、どれくらいの差があるのかは把握しておいた方が、保険会社との交渉では役に立つと思われます。

2.自動車保険任意保険の場合

これは保険会社より公表されていないため計算式はわかりません。
また各保険会社によって計算方法が異なる可能性もあります。

しかし、傾向として自賠責保険の計算式よりも実際の収入に近い金額を提示してくることが多いそうです。

よって、自賠責保険の金額を最低基準として、提示された金額に不満があれば交渉すればよいのです。

さらに、裁判基準による計算方法があるそうですが、弁護士に交渉を依頼するのケースなどしか関係しませんのでここでは省略します。

1日の収入の計算方法

以上からわかるように、自賠責保険も自動車保険も自分の1日の収入がどれくらいなのかを把握しないといけません

その計算方法は、自分の事故前3か月の平均収入をもとに計算されることが多いようです。

ですので、以下のような計算式になります。

1日の収入 = 交通事故直前3か月の収入 ÷ 90
これをもとに、ご自身の休業損害が計算されるわけです。

実収入がない場合はどうなる?

では、実収入給与などがない職業の場合はどうなるのでしょうか??

例として、以下では専業主婦を挙げて、専業主婦の休業損害についてみていきましょう。

実は自賠責保険の1日5,700円で休業損害が計算されます。
つまり、専業主婦でも休業損害が請求できるということです。

以上を踏まえ、交通事故でケガをし、仕事ができそうもないのならば、思い切って休みましょう

首の痛みを抱えたまま仕事するより、早く治して完全復帰する方がいいですから


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ :?https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter :?https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

————————————————————-