【ケガ その3】捻挫

こんにちは!受付の佐藤です!

今回は皆さんも良く耳にする「捻挫」についてお話をしたいと思います。

捻挫とは
関節を構成している骨と骨を繋ぐ靭帯の損傷で、普段動かしている関節の範囲を超えるような運動を強制された時起こります。関節内の損傷のため、関節部分の血管が傷ついて内出血を起こすとその部分が腫れてきます。

〇捻挫の程度は、靭帯関節包損傷の度合つに分類されます。

1度 靭帯の微細な損傷で、関節包は温存されている状態         痛みや腫れも少なく、関節の曲げ伸ばしもそれほど問題なくできる状態です。

2度 靭帯の部分断裂で、関節包も損傷されていることが多い
捻挫した部分を動かした時や押したときに痛みがあり、腫れや内出血を伴います。また、痛みと腫れのため関節の曲げ伸ばしができにくくなります

3度 靭帯の完全断裂で関節包の断裂、関節の不安定性を認めるもの
動かした時や押したときに激しい痛みがあり、著しく腫れます。
激しい痛みと腫れのため、関節の曲げ伸ばしが出来なかったり、
関節の不安定性を認めます。

また、関節の中に出血を認める場合もあります。

捻った時の力のかかり具合によって、靭帯だけでなく、筋肉や腱が傷ついたり、靭帯に強く引っ張られて骨の一部が剥がれる剥離骨折を起こすこともあります。

もしも捻挫をしてしまったら・・・

捻挫の応急処置
運動中に捻挫をすることが多いと思いますが、何か違和感が出た時点で出来るだけ速やかに運動を中止して下さい。もし可能であればR.I.C.E.(Rest:安静、Ice:冷却、Compression:圧迫、Elevation:挙上)処置を行ってください。捻挫の場合、動かした時の痛みだけでなく、腫れのために関節の曲げ伸ばしが制限されます。ですから、出来るだけ腫れを最低限に抑え、出来るだけ早く腫れを引かせることが重要となります。

例え軽い捻挫や突き指だとしても、自己判断せずに接骨院などの専門医に相談してください

 

 


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ :?https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter :?https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

————————————————————-