事故に遭ったら接骨院・整骨院・病院へ行きましょう!

皆さん、こんにちは!

中野区大木接骨院の大木です。

今日は「事故に遭ったときの接骨院・整骨院・病院へ行く必要性」についてお話しします。

交通事故後に接骨院・整骨院・病院へ行かない?
交通事故に遭ってしまったけども、軽い衝突だから大丈夫と自己判断して、後日になり症状が現れたということが多いそうです。

しかし、その場合に事故の治療が相手の補償で受けられなくなることがありますので、気を付けたいです。

実際には以下のようなケースが起きます。

事故に遭った時には痛いところもなく、ケガもなさそうなので人身事故ではなく物損事故として、警察へ届け出る。しかし、翌日になって身体を動かすと痛みが現れたため心配になるが、仕事もあるため病院へ行かずに過ごす。1週間経ったが痛みが続いているので、さすがに心配になり病院へ行った。
交通事故直後は気が動転して興奮していることもあり、痛みを感じにくいために大丈夫と思う方も多いようです。

しかし、事故後に落ち着いてから痛みを感じることはよくあるのです。

そして、「きっとそのうち治る」という思いと、仕事で忙しいので時間を作るのが難しいという事情により、事故後に接骨院・整骨院・病院へ行かない人が意外と多いのです。

接骨院・整骨院・病院に行かないとどうなるのか?
結論から言うと、交通事故治療が受けられなくなるのです。

理由は、交通事故との因果関係が証明しにくくなるためです。

交通事故との因果関係を示す期間として2週間という目安が言われています。

ですので、2週間以内に病院に行き、痛い部位を診察してもらうことが重要です。

ここで痛い個所を診察してもらう場所が、病院整形外科)なのも1つのポイントです。

なぜ病院で診てもらうのか?
接骨院整骨院でも治療はできますが、加害者側の保険会社1度は病院整形外科)で診察するように言われます。

理由は、病院整形外科)の方が診断能力が高く、交通事故とケガの因果関係がしっかり証明できるからです。

医師が証明するのと接骨院で証明するのでは社会的に証明の強さが違うのです。

ですので、接骨院・整骨院へ来院されても、一度は病院整形外科へ行くことになるのです。

まずは接骨院・整骨院・病院へ行きましょう
長くなりましたが、交通事故に遭ったら、まずは接骨院整骨院病院のうちどこかへ行きましょう!

接骨院整骨院の場合は、その後に病院へ行き、あとは接骨院整骨院治療を続けていくことになります。

ぶつかった転んだなどあれば、痛くなくても接骨院整骨院病院へ行くべきです。

また、事故は一瞬で起こるので、自分がどういう態勢で転んだのかわからない人もいます。

事故のときにどうなったのかわからない人も接骨院・整骨院・病院へ行くべきです。

ケガがないということを診てもらうことにも意味はあるのです。

そして、興奮している事故現場で身体の状態を感じるよりも、接骨院整骨院病院の待合室心を落ち着かせ身体の状態を感じることが大切です。

ですので、事故が起きたのなら接骨院・整骨院・病院へ行きましょう。


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ :?https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter :?https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

————————————————————-