客観的証拠の重要性

こんにちは!

受付の佐藤です!

今日は交通事故での「客観的証拠の重要性」についてお話しします。

交通事故では加害者と被害者が存在しますが、事故直後はお互いに自分の責任を少なくしようと、起こった事を自分が優位になるように話してしまう事があります。
そこで、意見の相違をなくす為に重要となるのが客観的証拠なのです。

 

1.警察の調書

供述調書・・・供述内容を自分が有利になれるよう変更しないように双方より発言内容を記録する。

実況見分調書・・・事故直後の現場の内容を把握。

2.目撃者の証言

多くの場合、近くを通行中に事故の状況を目撃していた人はいます。できればその方に警察が来るまで一緒にいてもらい、証言してもらいましょう。
利害関係のない人に証言してもらうのは客観的事実として認められやすいのです。

3.事故直後の写真

自分や相手の車の傷の場所程度や、現場の様子写真に残しておきましょう。警察も現場写真を撮りますが、それまでに状況が変化するかもしれません。

このように客観的証拠は意見の相違をなくす他、過失割合をしっかり判断してもらうためにも重要なものとなります。
交通事故に遭った時は出来る限り収集することを心掛けましょう!!

 


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ :?https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter :?https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

————————————————————-