同乗者に自賠責保険は適応されるか?

皆さん、こんにちは!
受付の佐藤です!

今日は「同乗者に自賠責保険は適応されるか」についてお話しします。

※最初に申しあげておきますが、以下の内容は十分に調べて作成していますが、専門家ではないため間違いがあるかもしれませんので、ご了承ください。

同乗者も自賠責保険(強制保険)が適応される

前々回の記事で確認しましたが、同乗者の方は自賠責保険の補償対象となります。

※自賠責保険についてわからない方は、別の記事を参考
自賠責保険とは
ですので、交通事故でケガの場合の限度額120万円までは自賠責保険から支払われます。

ケガの限度額は240万になることも

また、前回の記事にて「同乗者は2つの交通事故の被害者である」ということも確認しました。

ということは、自賠責保険では複数の加害者がいる共同不法行為というケースにあたります。

これは、相手側の運転手にも、同乗した側の運転手にも過失があったのならば、同乗者は双方からの被害を受ける共同不法行為)ことになるので、自賠責保険が双方からの被害へ支払われることになります。

※過失についてわからない方は、別の記事を参考
過失割合とは
つまり、通常の自賠責保険における限度額の2倍の240万円まで支払われることになります。

ここで注意が必要なのが、過失割合によってこの240万という限度額が変化します。

それを以下の図にまとめます。

自賠責保険の共同不法行為による同乗者への限度額の変化-thumb-240xauto-942400

図)自賠責保険の共同不法行為による同乗者への限度額の変化
簡潔にまとめると、相手の過失がなくなると、被害が一方からのみになるので、自賠責保険への請求が1つのみになるのです。

自賠責保険での他人とは

自賠責保険自動車保険任意保険)では、「他人」の範囲が違います。

自賠責保険での「他人」は、「運転手以外の者」という意味になるので、たとえ家族配偶者)でも請求対象となります。

さて次回の記事では、同乗者の自動車保険任意保険)について詳しくみていきましょう。

同乗者の保険については以下の記事も参照してください。

交通事故の同乗者は、どの保険が??
同乗者に自賠責保険は適応されるか?
同乗者にどの自動車保険が適応されるか?


大木接骨院

中野区中央4-6-7 GSハイム中野105
東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 徒歩2分
月?水・金曜日 8:30~12:30/15:00~20:00
土曜日     8:30~12:30/14:00~17:00
日曜日     8:30~12:30
木曜日・祝祭日は休診
Tel:03-3382-5730
HP:http://www.ohki-sekkotsuin.com/
交通事故治療専用HP:http://www.ohki-jk.jp/
大木接骨院 ブログ:http://ameblo.jp/ohki-sekkotsuin
WEB予約:http://onemorehand.jp/ohkisekkotsu/
大木接骨院 on facebook:https://www.facebook.com/ohkiseko
大木接骨院 on google+ :?https://plus.google.com/u/0/108621685090432985770
大木接骨院 on Twitter :?https://twitter.com/ohkisekkotsuin

中野区・新中野・東高円寺の交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)
ムチ打ち・むちうち・むち打ちの交通事故治療なら大木接骨院(整骨院)

————————————————————-

“同乗者に自賠責保険は適応されるか?” への1件の返信

コメントは受け付けていません。